FORCHILE

持続可能な
「街」創り

FOR SUSTAINABLE SOCIETY

Forchileが目指す“持続可能な街”

人や自然に優しく、
豊かな経済があり
多様な人々がそれぞれに
幸せを体感し続けられる街

キーポイント(必要な要素)

  • 高い人口密度
  • 省エネルギー建築
  • VPP(Virtual Power
    Plant)
  • 既存のモノを生かす
  • 独自性の確保
  • 緑あふれる街
  • カーフリー
    (カーポートフリー)

高い人口密度

人口を集中させることにより、質の高い市民サービス(教育・医療・商品など)を整備することが可能になります。
人口密度を高めるための住宅建設手段として、“コーポラティブハウス”を推奨しています。

省エネルギー建築

ZEB※建築や高断熱・高気密工法を採用し、省エネルギー・ゼロエネルギーを目指します。中期的な経済性の確保と環境保護が達成でき、“持続可能性”に大きな効果があると考えています。

※ZEB:Zero Energy Building=建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物

VPP(Virtual Power Plant)

VPPは「仮想発電所」を意味し、点在する小規模な再エネ発電や蓄電池、燃料電池等の設備と、電力の需要を管理するネットワーク・システムをまとめて制御することです。
VPPによりエネルギーの安定的な需要と供給、負荷の平準化が可能となります。

既存のモノを生かす

元々植えてある樹木や建物を残しながら有効に活用していくという考え方です。建築における資源消費を抑えられ経済的であり、環境にも配慮することができます。

独自性(アイデンティティ)
確保

街には商業施設(飲食店・商店など)を配置します。そうすることで、街の住民の雇用が確保できたり、その場に集うことで住民同士のコミュニケーションも促し、豊かな生活へと導きます。

緑あふれる街

街のあらゆるところに樹木を植え、自然・緑がたくさんの街にします。緑は大気清浄など環境衛生にも効果があり、緑を見ることによる心理的な効果も認められています。

カーフリー(カーポートフリー)

車を利用しなくても快適に過ごせるような設計を考えます。
騒音の軽減につながり、子供たち・お年寄りにとっても安全で安心な街となります。
幅広い世代が住みやすい街を作ることも持続可能性に繋がります。

私たちが目指す「持続可能な街創り」とは
誰もが幸せを感じ、継続的に発展していく
街を創造していくことです。

そんな街を一つでも多く、
日本に、世界に創っていきたいと考えています。

CONTACT

弊社の事業に関するお問い合わせは、
下記までお気軽にご連絡ください。

info@forchile.co.jp