FORCHILE

Forchile
for
SDGs

SDGsとは

SDGsは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた国際社会共通の目標です。

貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指し、全ての人々にとってより良い、より持続可能な未来を築くための指針となっています。

Forchile for SDGs

Forchileは「持続可能な社会創りのために。未来の子どもたちの幸せのために。」というビジョンのもとに、再生可能エネルギーの企画・開発、省エネルギー改修を中心とした事業活動を行っています。その活動はまさにSDGsが意図している「持続可能な開発」を行っていくことと同じ方向に進んでいると考えております。

当社では、SDGsの目標に照らし合わせ、改めて我々が取り組むべきことを再定義し、全従業員で取り組んでまいります。

SDGsに向けての
事業活動Business Activities for SDGs

SDGs
Energy Constructionエネルギー事業

ひとつでも多くの再生可能エネルギーを開発することや既存建築物の省エネルギー化(改修)を進めることにより、安全な電力供給とCO2排出抑制に貢献します。

貢献するSDGs課題目標

貢献するSDGs課題目標

太陽光発電所の建設

鹿児島県阿久根市、茨城県牛久市などを始めとし、低圧から特高まで様々な太陽光発電所を建設してまいりました。再生可能エネルギーの普及に向け、今後も日本全国で太陽光発電所の建設に取り組みます。

阿久根折口発電所と牛久ソーラーパーク

既存建築物の省エネ改修

住宅・商業施設・オフィスの省エネルギー化を目的とした改修工事を行っています。断熱性を高めたり二重窓にすることによって、室内の温度を一定に保ち、冷暖房による電力使用量を抑えます。

天井に断熱材を組み込み・住宅の窓を二重窓に
施工事例はこちら

SDGs
F-ZEBForchile Zero Energy Building

ZEBとは、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことを言います。当社は建物そのものだけではなく、住民の方が快適に暮らせることや環境負荷を低減することなど、持続可能な街づくりを推進します。

貢献するSDGs課題目標

貢献するSDGs課題目標

ZEBの建設

  • ・現在東京都内にてZEBの建設プロジェクトを始動しています。2021年以降順次、当社が手がけるZEB住宅を展開していきます。
  • ・省エネ(電力使用量の抑制)・創エネ(太陽光発電)はもちろんのこと、自然との融合や商業施設の併設など住宅だけではなく“街創り”を行うことで、住み続けたい街・家づくりを行います。
ZEB=省エネ+創エネ / 家づくりだけでなく“街創り”を
F-ZEBについて詳しくはこちら

SDGs
FORCHILE VILLAGE地域開発

Forchileが持つノウハウや人的ネットワークを活用して、それぞれの地域に適した再生可能エネルギーや省エネルギーの選択・導入支援に加え、持続可能な地域になるためのビジネスモデルの開発、確立支援を行なっています。

貢献するSDGs課題目標

貢献するSDGs課題目標

エネルギーを中心とした
持続可能な地域開発

その地域の特色を生かした、持続可能な地域になるためのビジネスモデルの開発・確立支援を行います。そこには、その地域に適した再生可能エネルギーの導入を行ったり省エネ改修を施したり、エネルギー環境を見直すことも行います。人口減少が進む地方をターゲットに開発を行うことで、雇用の創出や住環境の整備を実現し、安心して住み続けられる持続可能な街を増やしていきたいと考えています。 

持続可能な地域開発
Forchile Villageについて詳しくはこちら

SDGs
Export海外展開

エネルギー問題は海外でも深刻です。当社は国内で培った再生可能エネルギーや省エネ改修、建築・建設などのノウハウを発展途上国へ展開していきます。直近ではベトナムへの太陽光発電所建設を進めています。

貢献するSDGs課題目標

貢献するSDGs課題目標

ベトナムでの太陽光発電所建設

  • ・2019年よりベトナム南部にあるビンフォック省での太陽光発電所建設をスタートしました。太陽光発電所は2023年までに5カ所の建設を予定しており、合計800MWの大規模な発電所となります。
  • ・ベトナム現地の企業と協力しながら建設しており、雇用の拡大にも貢献しています。
海外展開について詳しくはこちら

SDGsに向けての
社内での取組みCorporate Activities for SDGs

社員の働き方Working Style

社員の働きがいと企業の成長を両立させるために、“生産性”を全社定量目標に設定し効率的な働き方を推奨する
⇒基本的には残業しない
(平均残業時間 月10時間以下を継続中)
⇒毎週水曜日は勤務時間を1時間短縮&ノー残業デー
⇒所定の有給休暇とは別で月に1回取得できる半日休暇制度

働きがいも経済成長も

社員の育成Education

  • 社員への定期的な研修を実施することで、持続可能な社会創りを実現できる社員を多く育成する(年4回の全体研修+階層研修・社外研修)
  • 継続的に新卒採用を実施し育成する(2019年度より新卒採用を開始)
質の高い教育をみんなに

採 用Recruit

公正な採用活動を実施し求職者の基本的人権を尊重する

人や国の不平等をなくそう

ダイバーシティDiversity

ダイバーシティを推進し、性別に関係なく社員が活躍できる風土を醸成する

  • 女性が継続して働きやすい制度設計(在宅勤務制度を2020年度よりスタート)
  • 2023年までに女性管理職比率 30%
ジェンダー平等を実現しよう

環境への意識Environment

社員全員が地球環境への意識を高く持ち、クールビズ・ウォームビズに率先して取り組む

気候変動に具体的な対策を

社員の健康Health

  • 社員への福利厚生として、社員にゴルフレッスン・リラクゼーション(マッサージ)・トレーニングルームの利用を無料で提供する
  • 社員の禁煙支援を進め、健康増進に努める
すべての人に健康と福祉を

CONTACT

弊社の事業に関するお問い合わせは、
下記までお気軽にご連絡ください。

info@forchile.co.jp